睡眠中に音を流すことで夢を操作し悪夢を見る頻度を減らせるという実験


悪夢を見てしまうと寝起きの気分が悪くなる上に、時には悪夢のせいで夜中に目を覚ましてしまうこともあり、可能な限り悪夢は見たくないものです。

新たな研究では、「ポジティブなイメージと結びつけた音を寝ている時に聞かせることで、悪夢を見る頻度を大幅に減らすことができる」ことが示されました。

...