イーロン・マスク体制によるTwitterの無法地帯化を危惧した広告主が広告手稿を続々停止


イーロン・マスク氏は2022年10月28日にTwitterを買収した後、パラグ・アグラワル元CEOを含むTwitterの取締役9人を解任したり、認証済みバッジの有料化を示唆したりとTwitterの改革に向けた動きを進めています。

一方で、マスク氏の姿勢に異を唱える広告主がTwitterとの取引を停止する動きを取り始めていると報じられています。

...