公共交通機関のジャンクフード広告を規制したおかげで約10万件の肥満が防止され約370億円もの費用削減につながったという報告


近年はジャンクフードが健康にもたらす悪影響が問題視されており、スペイン政府は子ども向けのチョコレートやアイスクリームなどの広告を禁止すると発表したほか、ロンドン地下鉄などを運営するロンドン交通局は、2019年2月から交通機関におけるジャンクフードの広告を規制しました。

ロンドン交通局のジャンクフード広告規制について調査したところ、約10万件の肥満防止や2億1800万ポンド(約370億円)の支出削減といった効果が…