「パロディは人々をだまして機能する」「真顔で冗談を言っても起訴されるべきではない」と老舗風刺サイトのThe Onionが裁判文書で主張


2016年、アメリカのオハイオ州に住む男性が「地元警察署をかたった偽のFacebookページ」を開設し、風刺的な投稿を行ったことで逮捕されました。

最終的に男性は不起訴となりましたが、警察に対して損害賠償を求める裁判を起こそうとしています。

この男性を支援するため、アメリカのパロディ系ニュースメディアのThe Onionが、男性とパロディを擁護する裁判文書を提出したとのことです。

...