タバコの煙が染み込んだ衣服に触れるだけで病気のリスクが高まる可能性


タバコが非喫煙者に及ぼす害としては、喫煙により生じた副流煙を吸い込んでしまう受動喫煙が知られていますが、これとは別に衣服や家具などに付着したタバコ由来の化学物質「サードハンド・スモーク」の吸入も問題視されています。

新たな研究では、サードハンド・スモークが皮膚に付着した場合、皮膚炎などの病気になるリスクが高まることが示されました。

...