Twitterの「認証済みバッジの有料化」が悪用される可能性のレポートをイーロン・マスクは無視していた


Twitterを買収したイーロン・マスク氏は、収益改善のための一手として月額1200円で認証済みバッジが買える「新生Twitter Blue」をリリースしました。

Twitterのアカウント名横に青色チェックマークとして表示される認証済みバッジは、アカウントが公式なのか偽物なのかを見分けるために使用されてきましたが、誰でも認証済みバッジが購入できるようになったことで悪質な「認証済みバッジを購入したなりすましアカウント」が急増…