「イーロン・マスクはビザを人質にして過酷な労働を強いている」との指摘、AmazonやMetaも大量解雇で多数の就労ビザ保有者がアメリカに残れるかどうかの瀬戸際へ


2022年11月に、イーロン・マスク氏がTwitterで大量解雇を実施した後、FacebookやInstagramを運営するMetaが1万人超えの解雇を発表したり、Amazonが2023年まで続く解雇計画を発表したりと大手テクノロジー企業で人員削減の動きが加速しています。

解雇された人の中にはアメリカの就労ビザ(H-1Bビザ)保有者も数多く含まれており、ビザ保有者がアメリカにとどまるための職を求めている現状が報じられています。

...