ネット上の口コミの最大3割はニセモノだがほとんどの消費者は見分けることができない


Amazon.co.jpのカスタマーレビューをはじめとして、すでに製品やサービスを使った人による実体験の報告というのは、今後その製品やサービスを使うときの参考になるものです。

しかし、この考え方を逆手に取って、偽のレビューを投稿する事例も相次いでいます。

調査によれば、口コミがニセモノである割合は最大で30%に上り、一般消費者が見分けることはかなり困難だとのことです。

...