致命的な遺伝性疾患を「母親の子宮の中」にいる時から治療し始めることに成功


近年は医療技術の発達によって、胎児が子宮内にいる時点で先天性疾患を持っていることがわかる場合がありますが、出生するまで治療を待つことによって状況が悪化してしまうケースがあります。

新たに医学誌のニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載された事例では、まれな遺伝子疾患を持つ胎児を「母親の子宮の中」にいる時点から治療し始めることで、出生後の状態をよりよく保つことに成功したと報告されてい…