ついに「ロボットで警察が容疑者を殺害」することが承認される


サンフランシスコ市警察(SFPD)が提出した「ロボットを使用した容疑者の殺害」を可能にするための警察装備ポリシーが、サンフランシスコの市議会に相当する監理委員会により承認されました。

これにより、SFPDは遠隔操作されるロボットを使い、命が危機にさらされている際に、爆発物を使用して容疑者を殺害あるいは無力化することができるようになります。

...