中国の抗議活動が拡大しすぎて政府の検閲システムが圧倒されている可能性、Twitterを使った検閲対策も登場


中国政府は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に厳しく対処しており、時には一定期間の都市封鎖(ロックダウン)も行う「ゼロコロナ政策」を継続しています。

しかし、記事作成時点ではゼロコロナ政策に不満を持つ人々が大規模な抗議活動を起こしており、一般人が日々大量に抗議活動の動画を投稿したことで、中国の検閲システムがうまく処理できない状態に陥っていると、海外メディアのニューヨーク・タイムズが報じました。