マクラーレンのDNAを持つブランドがZ型に折りたたむeスクーターを開発


画期的なeスクーター「Series 1」は、マクラーレンが設立し、売却された電子部品部門マクラーレン・アプライドのスピン・オフ・ブランド「LAVOIE」によるもの。

これまで培ってきたスーパーカーやレースカーの技術が盛り込まれ、F1のサスペンションから着想を得た「Flowfold」方式のたたみ方をします。