Googleは検索結果が「不正確」なら削除しなければならないとの判決、「忘れられる権利」拡張へ


欧州連合における最高裁判所に相当する欧州司法裁判所が2022年12月8日に、EUにおいては情報が「明らかに不正確」なことが証明されれば、自分に関する検索結果を削除するようGoogleに要求できるとの判決を下しました。

これにより、「忘れられる権利」を行使できる事例がより多くなると報じられています。

...