イーロン・マスクがTwitterのCEOを退いても本質的な変化はないとの指摘、一部の投資家から不満の声


by Daniel Oberhaus イーロン・マスク氏は2022年10月にTwitterを買収してCEOに就任して以降、さまざまな改革を行ってきましたが、その評価はTwitterユーザーの中でも割れています。

2022年12月には「TwitterのCEOを辞めるべきか否か」を問うアンケートを実施し、最終的に「辞めるべき」が過半数を獲得する事態となりましたが、実際にマスク氏がCEOを退いても本質的な変化はないだろうという指摘もあります。

...