イーロン・マスクはTwitterの運営を楽観視しているものの自身の大規模コスト削減がなければ「年間4000億円のマイナスのキャッシュフロー」に直面していただろうと主張


Twitterを買収して同社のCEOに就任したイーロン・マスク氏は、大規模な人員削減で従業員数を7500人から2700人まで激減させたり、アカウント名の横に青色チェックマークで表示される認証済みバッジを有料で販売したりといった大胆な収益改善策を実施しています。

マスク氏はこの収益改善策がなければ、Twitterは「年間30億ドル(約4000億円)のマイナスキャッシュフロー」に直面していただろうと主張しました。

...