イーロン・マスクによる「Twitterの重要決定に関する投票」は1万円で導入できる投票ボットでも操作可能


TwitterのCEOであるイーロン・マスク氏はこれまでにTwitter上でトランプ元大統領のTwitterアカウントの復活や凍結アカウントの解除、CEOからの辞任の是非を問う投票を度々実施しています。

一方でマスク氏が頻繁に行うTwitterでの投票は、ボットで容易に操作可能とされており、重要な決定をTwitterのアンケート機能に頼るのは危険だとも指摘されています。

新たに、非営利のデジタル著作権保護団体「Accountable Tech」は2022年1…