名作FPS「Half-Life 2」に登場する死体の顔には「本物の死体の写真」が使われていたと判明


by ⛧Homikator⛧ Valve開発の「Half-Life 2」は2004年に発表されたファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)で、Valveが5年かけて開発したゲームエンジン「Source Engine」を使った美しいグラフィックと物理現象のリアルな再現ぶりで大きく話題になりました。

そんなHalf-Life 2には非常にリアルな死体が登場するのですが、この死体に実際の死体の顔が使われていたことが判明しました。

...