無実の男性が顔認識システムの誤りのせいで1週間投獄される


機械学習を用いた顔認識システムは地下鉄の運賃や食堂の支払いを自動で行うといったシステムのほか、政府による監視網や犯罪の捜査に用いられています。

一方で、顔認識システムの正確性やプライバシー面での是非も議論されており、イタリア規制当局が一部の犯罪捜査・抑止目的以外には利用を禁止したり、アメリカの大都市が相次いで当局による使用を禁止したりしています。

特に有色人種の認識で誤認を起こしやすいことが確認さ…