検閲を行わない方針で話題となったSNS「Parler」の親会社が約75%のスタッフと複数の幹部を解雇したことが発覚


「言論の自由を守る」という方針で投稿されたコンテンツの検閲を行わないとしているSNS「Parler」は、過激な発言やフェイクニュースの取り締まりが強化されているTwitterやFacebookの代替として、トランプ大統領の支持者や陰謀論者から人気を集めていました。

ところが、Parlerの親会社であるParlement Technologiesが過去数週間でスタッフの約75%と複数の幹部を解雇したことが報じられています。

...