やっぱ食ってたんか。ネアンデルタール人が人喰いしていた証拠が発見される


 ベルギー、ゴイェの洞窟の発掘調査を進めていた考古学者らがショッキングな証拠を発見した。

ヨーロッパ北部のネアンデルタール人にはカニバリズム(食人)の習慣があったという痕跡が初めて見つかったのだ。

   発掘された遺骨は放射性炭素分析からおよそ40,500~45,500年前のものと推定される。

ドイツ、エバーハルト・カール大学テュービンゲンが発表したプレスリリースによれば、このネアンデタール人は仲間を解体をしたう…