聖なる牛の神々しい姿を撮影した写真


 世界の多くの人々は、牛と言ったら「牛肉、牛乳、革の原料」と考えるだろう。

だが牛を尊敬し崇めている人々が存在する。

もちろん牛から恩恵を得ているのだが、牛の存在が文化的に不可欠であり、宗教伝統とも繋がっているのだ。

 南アフリカの写真家ダニエル・ノーデは、ウガンダ、マダガスカル、インドの美しい牛たちの姿を撮影した。

その写真には素晴らしい角を持った神々しい牛たちの姿が収められている。