1930年代、ブダペストで自殺が流行。市はこれを抑えるため人々に笑いを教える「スマイリークラブ」を発足させる。


 まるで伝染病のように、1930年代、ハンガリーのブダペストでは自殺が流行した。

市はそれを防止しようと「スマイルクラブ」なるものを作って対処した。

これは、人々に笑い方を教えるというちょっと変わった方法で、1937年10月17日の『サンデータイムズ・パース』に、これに関する記事が載っている。