オスだけを100%抹殺してしまう、脅威の細菌の存在が明らかに(国際共同研究)


 ケニア、イギリス、ドイツの共同研究チームががオス殺しの細菌を特定した。

この細菌は”アフリカの女王”と称される熱帯の蝶(カバマダラ)に感染し、そのメスから生まれたオスはすべて死んでしまうそうだ。

メスには一切影響がない。

オスのみである。

 アフリカの大部分に生息するカバマダラはスピロプラズマという細菌に感染しているが、その子供たちに特に影響はない。

しかし、2種の亜種が存在するケニアのナイロビ周辺の狭…