地球に現れた最初の生命「LUCA(全生物最終共通祖先)」は半分生きている?(ドイツ研究)


 生きとし生けるものの祖先の遺伝的特性。

それは地上に最初に現れた生命の謎に光を当てるものだ。

 大昔に存在した生命の祖先は単細胞の細菌のような有機体だった。

それでも、気高き名前を、少なくとも頭文字が与えられている。

それはLUCA(Last Universal Common Ancester = 全生物最終共通祖先)という。

今から40億年前、地球が生まれて5億6,000万年経った頃に生きていたと考えられている。