「時間=努力」の錯覚から抜け出そう。努力を効率化するためのマインドセット


『マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力』(山梨広一著、ダイヤモンド社)の著者は、このように主張します。

同じ時間をかけるなら、すべて「いい努力」に転換したほうがいいという考え方。

しかし、そもそも「いい努力」とはなんなのでしょうか? このことについて著者は、次の7つのポイントを挙げています。

記事を読む