ヒトラーがその愛情を注いだとされる少女、パウル・ヨーゼフ・ゲッベルの娘「ヘルガ」


 ヒトラー政権下において、国民啓蒙並びに宣伝大臣として体制を支えたパウル・ヨーゼフ・ゲッベルスと、理想の母親として広報活動を行っていた彼の妻マクダの間に生まれた長女ヘルガは、子どもを持たなかったヒトラーが最も愛した少女だったといわれている。

 だがそれを裏付ける証言は得られていない。

第二次大戦が終了する2年の間、養子1人を含め7人の子どもがいたゲッベルス家に仕えていたケーテ・ヒュブナーは、この件に…