雌雄モザイクの蝶、その他生命の進化の神秘を捉えた写真


image credit:Robert Clark/Courtesy of Phaidon  半分がオスで半分がメス。

遺伝子変異が起こした雌雄モザイクは、甲殻類や鳥類をはじめ自然のいたるところで見ることができる。

この現象は雌雄二型(オスとメスで外見上の違いがあること)を示す仲間が多い蝶では特に目を引く。

 このトリバネチョウは明るいオスの羽と、暗いメスの羽を備える。

2011年には雌雄モザイクのナガサキアゲハがニュースとなった。

 写真家のロバー…