「辛いとき」こそ新鮮な目で物事を見て、心を軽くできる