海外で語り継がれ、そして伝説となった少年と小さな子犬の物語


 たくさん産まれてくる子犬のなかには、弱々しくて小さな個体が生れてくることもある。

彼らは「発育不良」、「訳あり」というラベルを貼られ、人目を引くこともあまりない。

 大きくて活発で人懐こい子犬の方が愛情も受けやすい。

一方、小さくて弱々しい子犬は、人間に近づいていいのかも分からず、奥に引っ込んでジッとしている。

 また中には、健康上の問題を抱えている子犬もいる。

それでも、彼らも他の子犬と同じように…