チェルノブイリ原子力発電所事故跡地に建設されることになった大規模太陽光発電パーク


 1986年、ウクライナ、プリピャチで起きたチェルノブイリ原子力発電所の炉芯融解は、史上最悪の原子力発電所事故と言われている。

今日の原子力発電所が当時よりもずっと安全になっていることは疑いないが、この事故が大勢の心に消せない暗い痕跡を残したことを忘れてはならない。

 しかしドイツや中国の有名企業など、多くの投資家のおかげで、住むことができない地域に大きな変化が訪れようとしている。

この地を巨大な太陽光…